これは、とある思い出話です。


IMG_7570


前回綴ったDDですが、最初はいつもつるんでるリアフレの中でやろうかーって話が出たんですよ。それが私含めて3人。
それまでは私なんかDDに興味すらなかったんですが、流れてきた151F〜のSSを見てなんだこれは?!と。それは、未だかつて見たこともないエオルゼアの風景で、大変衝撃的でした…。

これはぜひ行かねば。でもあと1人どうしよう?

そんな時、これまたTwitterでよく絡むようになった方がおりまして。
他鯖の方だったんですが、時折、鯖旅行をしているとのこと、また、同じく風景SSをよく撮影されていて、DD潜ってみたいと話していたこともあり、うちに来ませんかーとね。そしたら快くokしてくれて。


その方が来てからは、なんだかとても楽しかった。

今までフィールド散歩とかって1人でやってたんですが、一緒にいろんなとこに行きました。
東森のシルフ領へ行き 遠くに見える高い壁を前に あそこを抜けたらアラミゴかな?と4.0に思いを馳せたり、南ザナの端っこへ行き 遠くの砂漠を眺めながら蜃気楼に浮かぶ古代遺跡や砂鯨の話をしたり、アジス・ラーの探検手帳を一緒に埋めたり、中央森に虹を見に行ったり——
IDにも散歩に行きました。毎回1時間は潜って、ここから見える風景がいいだの、そこにあるランプがいい雰囲気だの、隅から隅まで見て回って。いろんなことを知ってる方だったから、私にとっては初めての発見も多かった。改めて、エオルゼアの世界の作り込まれ具合を体感した。


0FF8975B-25C4-4CB9-A78D-792CA2034867-2353-000003746C724870_tmp


DDのためにつくったLSではいっつもくだらない話をして笑ってた。DD中も。楽しく、でも真面目に。


その方がうちの鯖にいたのは3,4ヶ月程度だったろうか。
DD攻略も終わり ひと段落して、また別の鯖へ出かけて行った。まぁその頃わたしはインフルエンザ真っ最中だったのでゲーム内で見送ることはできなかったけどw

それから少し寂しさを感じつつも、4.0を前にまったり落ち着いた雰囲気が流れる。特にやることもない私は、鳥周回をしたり、また散歩へ出かけたり。


B5E6B8B1-EC2A-4AA7-B328-F2F46CC7E8A2-7590-000010210561B4B5_tmp


まぁ何が言いたかったかというと、FF14を始めて早3年半、たくさんの人と出会えたなぁと実感しているところです。

オンラインゲームはこれが初めてで、最初はリアフレとしかつるんでなかったんですが、ウルダハでボケッとしてた(何かの予習してた)らFC勧誘を受けて。恐る恐る入ってみたら、みんないい人ばかりでした。
去年からはTwitterにも顔を出すようになり、今度は他鯖にも知り合いが増えて… ゲームを通じてこんなにも人との出会い別れに一喜一憂するとは。


CF8E6AA5-9BD4-48F7-AF98-A9D35C2EC200-7590-0000102141E045F1_tmp


最近、そういう場面に遭遇することが多いのでちょっと懐古気味です ( -ヮ-)

前のが良かったとかそんなことは言わないですが、流れゆく時間の中で変化する環境を眺めながら、ふと昔を思い出し、自分が歩んできた道を振り返る。そんな時にブログを見返すと、しみじみしますなー。
今はヒマだからそんなことを考えるのかもしれないw それだけ長くやってるってことですかね。


34726648-EF2F-45CF-BA46-3548FD994E6A-7590-000010214FEE0D3F_tmp


3月、リアルの環境がだいぶ変わる人も多いでしょう。みんなそれぞれ生きてる中で、それでも同じ場所で笑って過ごせたりってとても心強いなと思うのです。
もちろん1日中ゲームしてるのは宜しくないなと体感してますが!!(圧倒的運動不足)


まぁ、たまにはこんな感じでしみじみ浸るのもアリでしょう。ってことで今日はここまで!


F4B459F6-25CA-4AB5-9889-EA951857C817-7590-0000102113D5296A_tmp



【追記】

まさかこの記事を書いた2日後に「サイコロ振ったらここだった」と、また再会するとは思わなかった…







人気ブログランキングへ